筋肉中心のトレーニング

筋肉中心のトレーニング

それがスポーツ・パフォーマンスにおける改良を目指す場合、長時間が中へほぼ使い切った筋肉トレーニングのみでありえません。

筋肉トレーニングは最後への補強です。
スポーツを主として実行することを忘れることなく、それを作りましょう!

したがって、ピリオダイゼーションでは、スポーツの実行に力を入れなければならない時に筋肉トレーニングに筋肉トレーニングの目的を明白に適用する時間および頻度は短くされます。

それが今後ピリオダイゼーションの用語を分割するごとに方法を訓練する筋肉が説明されます。
それは今回説明します。
よい場合、私が単に方法を導入するので、カッコイイとそれは言いましたが、それを参照してください!

【筋肥大期による筋トレ】

私は、この時期などは、基本の身体を作ることが要求される期間であるので、トレーニングを強いるために適用する多くの時間を得ることができると思います。

週4回の筋トレを 3分割で行って下さいね!

それは約1つの部位につき、それらは2つの種目です。

  • 1種目目はアップ2セット(8〜12RM3〜4セット)
  • 2種目目はアップ1セット(8〜12RM2〜3セット)

これを行ってくれれば、自然と肉体はみるみる変わってきますよ!